ledlightmanufacturerchina.com、LED

トップページ > 不正か不正じゃないか
ページの先頭へ

不正か不正じゃないか

STAP細胞があるかないかではなく、小保方晴子さんの論文が不正か否かという論点での話題になっていますね。

論文の再調査をしないという結果に納得できるかというアンケートでは、「納得できない」という回答のほうが多いです。

再調査をすべきだと考えている人が上回っているのです。

小保方晴子さんの論文が不正だと決めてしまった理研のやり方に批判的です。

不正、という部分だけで考えると、不正とも不正じゃないとも取れる気がしてしまいます。

悪意ではなく勘違いだとかミスだとか言われてしまうと、それは不正には当たらない気もしますし、科学の世界ではミスも不正のうちだと言う人もいます。

結果が間違っていれば、悪意があろうとなかろうと「正しくはない」・・・つまり「不正」ということなのでしょうね。

論文がどうこうよりも、STAP細胞の研究を続けて、科学や医療を発展させてもらいたいところですが、今は肝心な部分が隠れてしまっているように感じます。

小保方さんが本当にSTAP細胞があると証明してくれれば一番手っとり早いのですが、療養中でそれもかなわないのでしょうね。

世間的には、小保方さん以外の人が研究してくれてもいいのですけどね・・・。

STAP細胞を待ち望んでいる人が大勢いるのは確かです。

Copyright (c) 2014 ledlightmanufacturerchina.com、LED All rights reserved.